サービス業であることを意識しているかどうか

pet03_m東京の地下鉄に乗車すると車内広告を目にします。有資格者の名が記された法律事務所が発行した車内広告も見かけます。弁護士の業務はサービス業であるとする考え方もあります。法律事務所に仕事を依頼する場合、業務をサービス業であることを意識しているかも良い判断材料になるはずです。法的なアドバイスや解決方法は依頼者それぞれによって異なります。依頼者の立場に立って最善の策を提案する事が法律事務所には求められています。法律事務所は複数ありますが、どの法律事務所も仕事に対する考え方が異なります。仕事をお願いする前に求めているものに対して豊富な法的知識を前提とした助言が受けられるかどうかを見極める必要があります。そして法律に関する知識は誰が持っていても損はありません。司法試験よりも資格が取得しやすい法律関連の資格は複数あります。行政書士も法律関連の資格です。行政書士の専門科目は憲法や民法、行政法、地方自治法、商法、会社法です。良質な行政書士試験のための対策本は書店にあります。電車の車内広告にはキャッシングなどの消費者金融関連のものと法律事務所の債務整理関連のものがあり、これらの車内広告は対の関係のように見えてきます。