依頼人に不利益な情報も教えてくれるかどうか

法律の専門家には弁護士や司法書士、行政書士があります。それぞれ取り扱える案件が異なり業務内容が異なります。
例えば、自己破産や民事再生、何か訴訟を起こすなど様々な案件が考えられます。この際、気になるのが各専門家の権限や費用などです。簡単に権限や業務について述べますと、行政書士は代理人として裁判所へ対しての訴訟手続きが出来ず、依頼を受けて作成した書類を官公庁に提出することが主な業務です。司法書士は不動産登記に関する書類作成の依頼を受ける場合が多いです。民事訴訟における権限があり、140万円を超える民事事件については代理人になれません。そのような場合は弁護士に引き継ぐ必要が出てきたりしますので、余計な費用や時間等を掛けない為にも依頼する前にしっかり調べて依頼するようにしましょう。弁護士は法律の専門家の中で最も優れており、取り扱える業務や権限に制限がありません。費用面でも司法書士や行政書士より高めの設定となります。
人により事案の金額大きさが異なるように、法律の専門家も扱える案件が異なりますので、金額に応じて対応してくれる専門家に依頼しましょう。
また、各専門家において言えることですが、依頼人に対して真摯な姿勢で相談に乗ってくれて様々な細かい情報まで提供してくれる専門家を選ぶこと重要です。