弁護士と司法書士ので任意整理・過払い金について異なる点

借金を返済しているけれど、なかなか元本が減らない、また完済したけれど払い過ぎたのではないかという、借金の悩みを抱えている方も少なくありません。

このような借金の悩みを解消してくれるのが、債務整理です。
債務整理には色々な種類がありますが、少しでも返済額を減らしたい、また借金を払い過ぎているのではと感じている方に向いているのが、任意整理と過払い金請求になります。

任意整理は引き直し計算を行い、算出した額を元に借金を減額するのが特徴の債務整理です。
過払い金請求同じく、引き直し計算を行い金融業者に払い過ぎたお金を、返してもらう債務整理となっています。

これらの債務整理は裁判所を通さず、直接金融業者と和解交渉を行わなければいけない為、一般的には弁護士や司法書士といった法律のプロに依頼します。

ただ、注意したいのが弁護士と司法書士では、取り扱える借金の額に違いがあるという事です。

弁護士は債務整理の交渉に取り扱える、借金に上限はありませんが、司法書士の場合は140万円以下の借金でなければ、取り扱う事が出来ません。

ですので借金が140万円以上ある方や、140万円を超える払い過ぎたお金があるケースは、司法書士より弁護士に依頼しましょう。