弁護士と司法書士で異なる点

法律の専門資格としては、ともに難関の国家資格である弁護士と司法書士がありますが、両者にはその業務範囲において大きな違いがあります。前者は司法試験に合格したうえで司法修習所での司法修習を終えて弁護士会に登録したものがなることができる形となっています。後者については国家試験に合格し司法書士会に登録した者が有資格者となります。弁護士は法律の専門職であり、幅広く法律事務に携わることができますが、司法書士についてはその主たる業務は法律によって登記、供託に限られています。しかし、近年の多重債務問題などを受けて関係法令が改正され、法務省で一定の研修などを受けると一定の借金整理の手続きと、140万円以下の民事訴訟の和解や交渉、訴訟代理権が認められるようになっています。近年、消費者金融などに対する過払い金訴訟のCMなどと目にする機会が増えたと感じる人も多いでしょうが、こうした法改正により弁護士以外が過払い金の返還事務に携わる事例も増えてきています。なお、こうした事務を行うためにはあくまで事前に国の認定を受けていることが前提となりますので、弁護士以外に過払い金返還事務の大離島を依頼数場合は注意が必要です。